何しても痩せない辛いダイエット停滞期 うまく乗り越えるには?

肥満専門医であり、「メモリアルケア・減量クリニック」でメディカルディレクターを務めるピーター・ルポート医師は、ダイエット中の停滞期について「体が“なにかがおかしい”と感じ、体重を元に戻そうとしているのかもしれません」と説明。また、体重が減りはじめると代謝も低下し、カロリーを消費しづらくなるのだとか。

目標体重そのものが問題である可能性を指摘するのは、「マサチューセッツ総合病院」の肥満科医師であるファティマ・コーディ・スタンフォード医師。

「なんとか痩せようと頑張ったとしても、2~5キロ以内が減量可能な数値なのです。体重を減らそうとすると、体は脳を介して体重の下限を守ろうとするため、一定範囲内にとどまってしまいます」

 

ダイエットが停滞してしまったときの対処法

 

エクササイズの強度を下げる

毛並良好さんによる写真ACからの写真

減量中に極度の疲労感を感じる場合、ワークアウトをやりすぎている可能性があるそう。「(減量中の人は)身体活動を維持するのが困難なレベルまで、運動量を上げようとしてしまうのです」とスタンフォード医師はコメント。

「激しい運動の結果、短期的に体重が減少することはあります。しかし、体が元の体重に戻そうとしてしまうため、維持するのは難しいでしょう」

学術誌『Current Biology』に掲載された研究によると、運動量とカロリーの燃焼量は比例しないことが判明。適度な運動をした人と過度な運動に励んだ人は、ほぼ同じエネルギー消費量だったとのこと。

では、ベストな運動量とは? 「NHS(イギリス国民保健サービス)」は、中強度レベルの有酸素運動を週に最低2時間半と、主要な筋肉(脚、臀部、背中、腹部、胸部、肩、腕など)を鍛えるトレーニングを最低週2回行うことを、推奨しているのだそう。

 

ストレスを「適度に」減らす

acworksさんによる写真ACからの写真

ダイエット中に心身ともに「行き詰まり」を感じたら、ストレスを減らすことを考えてみて。

学術誌『Psychosomatic Medicine』に掲載された研究によると、1日1200キロカロリーの食事を実践した女性ダイエッターは、(通常時よりも)ストレスホルモンであるコルチゾールをより多く生成し、いつもより高いレベルのストレスを感じたとのこと。

また学術誌『Obesity』に掲載された研究では、コルチゾールが放出された状態が数カ月間続いた場合、体重増加に繋がる、または体重が減少するのを抑える可能性も示唆しているのだとか。

ダイエットに強いストレスを感じた場合、ヨガや瞑想などを試すのもあり。ルポート医師は「ダイエットには停滞期があることを認識し、あまり深刻に考えないようにすることも効果的です」とアドバイス。

なかなか減らない体重にイラつくようであれば、好きな香りのキャンドルを灯したりお風呂に入るなど、自分の気持ちをゆるめてくれるベストなセルフケアを。

 

飲酒を控える

雰囲気イケメンさんによる写真ACからの写真

「たった1、2杯であっても、毎晩飲む習慣がある人は、ダイエットの停滞期を招きやすいでしょう」と語るのは、「オハイオ州立大学メディカルセンター」の登録栄養士であるリズ・ウェイナンディさん。

またスタンフォード医師も「アルコールは血糖値を低下させ、食欲を刺激させます。同時に、体の脂肪燃焼能力を低下させるものでもあるのです」と指摘。

ウェイナンディさんがおすすめするお酒との付き合い方は、「まず週に2~3杯に制限してみて、(体重減少の)様子を見る」という方法。

「(お酒だけを飲むのではなく)なにか食べながら飲みましょう。そうすることで血糖値が急激に下がるのを防ぎ、急に空腹感を感じたりはしないはずです」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00010006-cosmopoli-life

“何しても痩せない辛いダイエット停滞期 うまく乗り越えるには?” への3件の返信

  1. 体重ばっかり気にしてるとストレス溜まるから、しばらく見ないってのも手かな。私は健康診断のときしか測りませんよww(測らな過ぎ!?)

  2. 長期戦覚悟しないとだめ。いちいち停滞期で落ちてると続かない。何度も体重計に乗るのもあまりよくない。

  3. 食べることをストレス解消にしていていた人は、食意外にストレス解消法を見つけないと難しいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。