VIOを自己処理することのリスクやデメリット

女性の身だしなみとして、VIO(アンダーヘア)のムダ毛を自分で処理している方も多いでしょう。デリケートな部位のお手入れなので、自己処理の方法はとても重要です。

VIOの自己処理には色々な方法がありますが、リスクやデメリットについても考えなければなりません。

 

VIOセルフ脱毛のリスクとデメリット

面倒くささ

基本的にセルフ脱毛だとVIOの毛はなくなりません。ムダ毛を何度処理しても生えてくるので、そのたびに処理を続ける必要があります。

ツルツルを保つのはとても大変ですし、時間がもったいない!1回ならともかくずっと続けるとなると、面倒くさく感じますよね。

 

切りすぎや剃りすぎ

VIO部分は自分の目で確認するのが少し難しく、処理するには鏡が必要です。適当に処理するだけならあまり問題はありませんが、綺麗に整えようとすると失敗することも…。適当に処理しようとして、傷つけてしまうリスクもあるんですよ。

剃りすぎたりカットしすぎたりすると、生え揃うまでに時間がかかります。ザンバラになったせいで人に見せられない、なんて洒落になりません。

 

毛穴や毛根のダメージによる肌荒れ

デリケートゾーンの肌はとても敏感で、ダメージを受けやすい部分です。自己処理を続けることは、肌に大きな負担になります。1回なら大丈夫でも、続けることによって毛穴や毛根にダメージが蓄積してしまう…。肌が荒れてしまいますし、炎症や痒みなどのリスクもあります。

毛穴に菌が入ってしまい、赤いポツポツができることも。さらに、炎症を繰り返してしまうと、肌を守るためにメラニンが増殖します。色素沈着が起こってしまい、VIOが黒ずんでしまう可能性もあるんですよ。

 

埋没毛ができてしまう

埋没毛は毛が皮膚の下に埋まってしまった状態のことです。主に毛抜きによる自己処理で引き起こされます。VIOのムダ毛は濃く太いので、埋没毛になりやすい!

埋没毛の原因は、カミソリ・毛抜きや、抜くタイプの家庭用脱毛器などを使用した、自己処理による肌ダメージです。

皮膚の中にある毛は黒くボコボコして見えますし、無理に取ろうとすると肌を傷つけてしまいます。

 

毛穴のポツポツが目立つ


出典:https://vio-fun.net/self/

自己処理でできてしまう毛穴のポツポツの正体は、「毛の断面」や「メラニン」です。太いVIOの毛は剃っても断面が残るため、近くで見ると跡が見えてしまいます。肌の色が白い人は特に目立ちやすく、肌への負担が大きい方法で毛根から処理しなければなりません。

また、毛穴に負担をかけ続けることで、メラニンが蓄積。黒いブツブツができてしまいます。治すのはとても大変なので注意が必要です。

“VIOを自己処理することのリスクやデメリット” への3件の返信

  1. 処理しているところを誰にもみられちゃいけない!家族がいるとなかなかできないのも難点。

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。